もう長い間、犬とともに生活していますから、転居の時には絶対に、部屋でペットが飼えるタイプのマンションをなんとか探せるよう、努力しています。

そして、ただのペット可マンションではなく、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといったプラスアルファの設備がある物件をみつけたいものです。

家賃がそれなりに高くなったとしても愛犬と一緒に快適に日々を送りたいのです。先週末に引っ越しました。新居に入った日、夕方になって部屋の明かりをつけて「これからここで生活するんだ」とジワジワきました。

こんなこともめったにないので特別なごちそうとして宅配のピザとお寿司、お気に入りのワインを並べて引っ越しのお祝いをしました。
まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。
引っ越しをして住所が変わりますともちろん、運転免許証の住所の記載についても変更の手続きを行なう必要が出てきます。「免許証は所持しているだけで殆ど車は運転しない」という理由で、数年先の免許更新時までは現状維持で押し通す気でいる人も、少なからずおられるようです。

ですが、運転免許証というのは、運転時の携行以外にも使用することは多いです。例を挙げると、携帯電話の申し込みだったり、機種変更の際に使いやすい本人確認書類として重宝します。銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。

ですから、できるだけ早く最寄りの警察署か免許センターで、住所変更は済ませておきましょう。

引越しのときには、ダンボールに荷物を入れていく作業はわずらわしくても、欠かさずにやらないといけないことです。

その際にやっておいたほうが後々良いというコツは、重かったり壊れやすいというものは、小さなダンボールに、かさばるもについては、大きめの箱に詰めるというポイントです。
また、ダンボールには詰めたものの名前だけでなく、運んで欲しい部屋もわかるように書いておくと引越しの際の荷物の運び出し、運び入れにとても助かります。

引っ越しで、一人暮らしの場合、ベッドを置くべきかどうか考えることがあります。新居がワンルームの場合は特に、広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。
それに、業者がベッドを移動するとき、ドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう困った事態になることもあります。余計な心配をしなくて済むよう、まずは布団だけにして決断するのも部屋をより広く使えるようになりますよ。

荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこでどうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。

どこまでも油断は禁物です。

安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。

包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、緩衝効果があります。持ち手や取っ手がある器の場合は、その部分だけを先に包んでしまいましょう。

家を移るということは面倒ですが、家に犬がいる人の場合は非常に大変になると思います。

なぜかというと、引越し当日、犬が引越しの際に目障りにならないように注意しておく事が、必要だからです。

犬を引越し先まで連れて、引越し業者の車が着く前に到着していなければなりません。これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?荷造りだけとっても、使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、ケガの可能性が高くなります。それから、大小さまざまな荷物を運ぶので指詰めの危険性を考えないといけません。

軍手を用意するときに注意しておきましょう。自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手でないと役に立ちません。

作業しやすくなるのはもちろん、より安全になります。
引越しの時に行うガスの解約は、退去する日よりうんと前から約束できるので、忘れないよう余裕をもってインターネット等から依頼しておう方がいいですね。
ただ、入居当日に立ち会いがいる場合があるので、時間帯の決め方にチェックするようにしてください。

引っ越しにつきものの住所変更はいろいろと面倒なものです。転出届あるいは転入届といった役場での手続きだけだと思ったら大間違いです。関わりあるあちらこちらに、住所変更の届け出をしなくてはいけません。

保険会社に、住所変更の届け出をしなかったことを引っ越しした後、二年以上たった後に気が付きました。その間、大事にいたらなくてよかったです。

引越しの荷造りの時に、予想外にも困るのがグラスの梱包の仕方です。

グラスをパッキングするには、まずは足の部分から梱包することが大切です。
引っ越し やること リスト